神楽名 友信神楽舞 ⇒山口県HP
団体名 友信神楽保存会
団体所在地 萩市田万川町
各種指定 山口県指定無形民俗文化財(平成3年4月5日)
起源  紀州熊野(今の和歌山県)から小川村川井に迎えられていた「熊野権現」を、1667年(寛文 7)に、萩藩家臣・繁沢主水が、友信の後山に移して「友信権現」と名付け、その時、神楽殿が出来たお祝いに奉納されたのが、この神楽舞いの始まりと言われています。友信権現は、明治時代の終わりごろ、勝馬田八幡宮にいっしょに祀られるようになり、鳥居は、今の友信天神社に移されています。
保持演目


TOPリンク山口県内の神楽