団体名 金山神楽保存会 (かなやまかぐら)
団体所在地 岩国市美和町生見
各種指定
起源  起源や金山地区における神楽の源流は定かでく、江戸時代の享保年間にさかのぼるが、昭和17年(1942)までの詳細な事項は不明。昭和17年から昭和24年にかけて中断するが、再度活動を開始する。昭和42年にまたもや中断するが、平成2年(1990)に現保存会を結成し現在に至る。
 西村久雄氏著「神楽宝鑑」によると、昭和24年(1949)金山神楽復興の機に古老を招いて伝統の妙技を習得し、地域住民の協力により、面・衣装を取り揃え活動を続けている。
保持演目
@神戸の開き 神舞。神様の扉を開く神迎え。清めの舞
A煤掃き 神舞。猿田彦の清めの舞
B七夕 神舞。互いに幣を持って、四季をめでて舞う
C三賛返し 神舞。互いに褒め言葉を並べながら舞う
D小太刀 刀舞
E五郎皇子 神舞。陰陽五行に関連した舞(神々の四季を巡る争奪。各期に土用の日を設けることで決着)
F恵比寿 狂言舞。ユーモラスな恵比寿様の舞
G柴鬼神 狂言舞。兄弟神の争い。鬼の格好をしているのは気性の激しい兄神を表現する
H三鬼 狂言舞。鬼退治
I大江山(羅生門・金時・鬼退治) 酒呑童子ら悪鬼を退治する。羅生門・金時・鬼退治の3部作からなる
J大蛇 八岐の大蛇伝説。高天原を追放された素嵯鳴尊が大蛇を退治する物語
K岩戸開き 狂言舞。神話に基づく岩戸開きの舞
L山締め 神舞。山代神楽独特の神がかりの舞


TOPリンク山口県内の神楽