TOP演目大国主の神

天神地祇 火の神 大国主の神 事代主の神 芝鬼人 薙刀舞
五郎の王子 黄泉醜女 天の班駒 天の岩戸 天孫降臨 八俣大蛇



八俣大蛇 (おおくにぬしのかみ)
大国主の神
事代主の神

【登場神】
大国主の命
建御雷神(たけみかづちのかみ)
天鳥船神(あめのとりふねのかみ)
 高天原の天照大神は葦原の中つ国を我が子孫の支配する国とあるとして、子孫を天降らせようとしたが、そこには荒ずる神たちが騒いでいたので、先ず使者を遣わせた。その最初の使者が天菩比神(あめのほひのかみ)であったが、この神は大国主に媚び付きて3年たっても報告されなかった。次に天若日子(あめわかひこ)を遣わしたが、これも大国主の娘、下照比売(したてるひめ)と結婚して8年たっても報告されなかった。
 そこで、最後に「建御雷神(常陸の鹿島神宮)」と「天鳥船神(奈良の春日大社)」の2人を遣わされた。
 建御雷神は、出雲の稲佐の浜に天降りて波の上に剣を逆立てその峰にあぐらをかいて座り、大国主の命に対し葦原の中つ国の支配杖を天照大神の御子に譲るよう要求した。
 しかし、大国主の命は、中つ国の支配権を子である「事代主の命」に譲っていることを告げ、二神を連れて館に引き上げていかれた。

【解説】大国主の命が国を譲る条件として、出雲の地に大きな社を建て、自らを奉ることを挙げた。これに従って建てられたのが「出雲大社」であり、今もその社殿の奥には大国主の命が据えられている。